大川周明『中庸新註』

序 緒論


---- ---- 本文のみ 次→ 最終≫

傍点 ルビ                   縦書き表示
  1. 全頁まとめてダウンロード
    ※ファイル名はtxtviewと表示されますが適当なファイル名をつけて保存してください(拡張子も忘れずに)。utf-8コードのテキストファイルとしてダウンロードされます。
  2. 修正画面へ
    現在、真理子未承認のユーザ最新修正を信頼するモードです。真理子が承認したテキストのみを表示するモードにする
    このテキストには真理子未承認のユーザ修正がありません。
    このテキストは過去にユーザによる修正を0回受け、真理子の校正を0回受けました。
  3. 入力マニュアル


 儒教の志すところは、疑もなく『道』の閑.明に在る。而して道とは人格的生活の原則に外ならざるが故に、儒教は人間が如何にして正善なる生活を営むべきかを究尽せんとするものである。然るに正善なる生活とは、吾等がまさしく『我』と呼び得るものと、我に非ざる『非我』との間に、正しき関係を実現し行く生活である。儒教に於ては、旺の『非我』の世界を、天地人の三才に分類する。故に儒教の道とは天地人の道である。一層詳しく言へば、天地人に対する正しき関係を実現する原則である。支那に於いては、掬くも真飼の学者たらんほどの者は、必ず『天地人三ナに通ず』べきものと考へられて来た。この思想は、英国詩人ワーヅワースが、吾等は神と自然と人生とに対して正Lき観念を有たねばならぬと歌つたのと、物の見事に符節を合して居る。
 さて、儒教は『性に率ふ是を道と謂ふ』と教へる。孟子は『仁義礼智は外より我を鎌するに非ず、我固より之を右するなり』と説く。道徳の自律性は、カントによつて周匝精確なる論理を与へられたとは言へ、此の独逸哲学老を繹つまでもなく古への儒者は其の深刻なる体験によつて、逸早く此の真理を把握して居る。孟子の四端説は取りも直去ず人性に於ける道徳的基礎の研究である.。彼れの所謂『端』とは、道徳の自然的基礎と云ふ意味である。それ故に儒教に於ては、道徳的完成のための努力を、存養とも長養とも、また修養とも名づける,そは己れに内存するところのもの、無限の可能性を具へて潜在するところのものを、閣発し養育して行くことに外ならぬが故である。従って天儲人に対する道も、また本来自己に具有する道徳の自然的基礎を長養することによつて実現されるべきものである。さて天とは吾等の生命の本原である。其の最も直接なるは父母であり、父母より潮りて}門}家の生命の本原に到り、更に国民全体の生命に潮り、寛には宇宙其者の生命に潮原する。この天に対する正しき関係の実現は、取りも直さず宗教であり、儒教に於ては之を「敬』と呼ぶ。そは人性に本具なる畏敬信頼の感情を洗練純化せるものである。
 次に地とは精神に対する自然である。その吾等と最も直接なる交渉を有するは、言ふまでもなく吾等の肉体的生活及び之に伴ふ欲求感情、並に其の欲求感情の対象となる外物である。この自然に対する正しき関係、換言すれば先づ精神の支配を確立し、次で精神に帰一せしむることは、取りも直さず狭義に於ける道徳其者であるが、儒教に於ては之を「義』と呼ぶ。そは人性に本具なる蓋恥の感情を鍛錬陶冶して、寛には仰いで天に傾ぢず、傭しては地に塊ぢざらんと期するものである。
 最後に人とは自己と平等なる価値を有する人格者としての人である。人格者とは、理性的に知り、道徳的に行ふ主体である。吾等は吾等の理性によつて宇宙の一切を知悉する無限の可能性と、是くして知り得たる事物の一切の意義を、吾等の意志によつて現実の生活の上に実現し行く無限の可能性を有して居る。この人格の無限性を、儒教に於ては『良知良能』と呼ぶ。故に人に対する正しき関係は、良知良能を包葭する生命の生々発展を柑互に扶助することである。そは人性に本具なる愛憐の感情を純化することにより実現せらるべきもの、儒教に於ては之を『仁』と呼ぶ。然るに人間の共同生活に於て、各人各個の生命を、それぞれ分に応じて最も見事に生々発展させるための努力が、取りも直さず政治である。従つて政治とは客観化せられたる仁、若しくは組織せられたる仁に外ならぬ。
 是くの如くにして儒教は、宗教、道徳、政治の三者を包容する一個の教系である。そは人生を宗教、道徳、政治の三方面に分化せしむることなく、飽くまでも之を渾然たる一体として把握し、其等の三者を倶有する人生全体の規範としての「道』を閑明せんと努める。こ」に儒教の免れ難き外面的混沌がある。或は儒教を以て道徳を説くものなりとし、或は主として政治家の心得を説くものなりとし、或は之を一個の宗教なりとするが如き、皆な其の原因は此点に存する.例へばダグラス教授が、孔子を以て単に「明白にして実際的なる道徳』を教へたるに過ぎずとするの類郭ある。さり乍ら儒教は、少くとも欧羅巴的概念に於ける宗教に非ず、また倫理学にも非ず、尚更政治学でもない。撰教は其等の一つに非ず、実に其等の総てである。そは当初の外面的混沌を存しながら、濃かに内面的統整を与へら勲たる一個の道統なる点に於て、比類なき特徴を有するものである。中庸の説くところを正しく把握するためには、串づ此事を明瞭に理解して置かねばならぬ。
 予は『はしがき』の中に述べたる如く、旧い意味に於ても、また新しい意味に於ても、決して漢学の専攻者ではかい。世上幾多の専門家が既に幾多の註釈を発表して居るのに、門外漢たる予が更に『中庸新註』と題して卑見を公けにすることは、固より蛇足の嫌ひなきを得ない。而も古典の妙趣は、千種万様の解釈を容れて尚ほ余裕緯々たるとγうに存する。多くの書籍は、特殊の人に特殊の場合に役立つこと、猶ほ薬物の如きものである。そは知識年齢の異かるに従ひ、或は益を与へ、或は害を与へる。然るに古典に至りては、一切の人がその賢愚老少を問はず、否其の賢鳳老少に応じてそれぞれ魂の営養となるべき精神的食糧である。かくて予の魂が此の古典から如何にして又如何なる轡養を摂取したかを公けにすることは、全く無益のことでもなからう。現に予は二個処の団体に於て、予が把握し占ま」に中庸を講じ、全く予期せざりし感激を多数の青年に鼓吹するを得た。此の小冊子は、其等の聴講者の若干人撮勧めるままに、講義を丈字に改めたるものである。
昭和二年五月
大川周明

緒論
 私は私が把握したままに中庸の解釈を試みます。私は支那古典の考謹訓詰には全く門外漢です。従つて古今の学者が、中庸に就て如何なる研究を遂げて居るか、如何なる説明を加へて居るかは、私の殆ど窺ひ知らざるところであります。尤も使用せる台本が朱註である因縁から、程朱の註釈は無論丁寧に玩味しました。併し是れとても参考としたに止ヰリ、最後の解釈は私自身の心を師としました。故に此解説は、丈字通り中庸]家言であります。
 中庸が果して子思の著作なりや否やに就ては、既に述べた通り私には之を断定する資格がありません。子思に中庸と題する著述があつたことは事実でしやうが、今日吾等に伝へられてゐる中庸は、其の思想内容から判断すれば、子思其人の手になつたものとは思はれませぬ。胡適の中国哲学史大綱には、中庸を以て孔子と孟子との思想的かけはしとなつたもの、従つて孟子以前に書かれたものとして居りますが、思想の内容、乃至思想の方法を判断の標準とすれば、今日の中庸は明かに孟子以後のものとせねばなりませぬ。そは孔孟によつて代表せらる、支那精神の実践的方面と、老荘によつて代表せらるる支那精神の哲学的方面とが、人心自然の要求に従つて、次第に接近し且融和し来れる時代の思想的所産であると思はれます。
 夫子の性と天道とを謂ふは得て聴く可からずとは、聰明な子貢の嘆声でありました。それほど孔子は形而上学的問題に其口を絨して居たのです。教師としての孔子は、現実生活に於て言下に実行し得る道徳を教へることを以て其任としたのであります。さり乍ら人聞の精神には、如何に人生に処すべきかと云ふ実践的要求と相並んで、世界及び人生とは旬ぞと云ふことを究明せんとする知識的要求が厳存して居ります。この二つの要求は、密接不離の関係を有するが故に、真蟄好学の士は必ず両者の統一を求めずば止みませぬ。例へば基督は、一切の理論を学者の事業としまLた。従つて原始基督教は飽迄も実践的のものでありました、。然るに人心の知識的要求は、遂に繁預なる中世の基督新神学を生んだのであります。同様に儒教もまた、当初は徹底して実践的なりしに拘らず、次第に哲学的要素を加へ虚り、後には所謂経世実用の範囲を超出せる形而上学を発達させるやうになりました。欝然たる宋明の理学は、此くの如くにして生れたのであります。即ち基督教で神学の母となつたと同じ人心の要求が、儒教では程朱陸王の学を生メだのであります。
 乍併此の要求は、決して宋儒の出るまで眠つて居る筈のものでありません。孔子の直弟子のうちにさへ、動もす函ば其頭を形而上学に没せんとする者もありました。史記の大史公列伝に『儒者は博にして要寡し』とあるのも、恐広く当時の儒者が、主として末葉の多端にのみ馳せて、其の学問を統}すべき哲学を欠いて居たのに対し、心ある者m非難又は不満を代言したものと見られます..か、る時に当つて、一方には老子の観念論が、荘子によつて極めて絢欄たる装ひを与へられ、老荘の哲学は儒教と対抗する一個の勢力となつたものであります。されば当時の儒者が、有音又は無意に老荘思想の影響を受け、乃至は其の哲学を藷りて儒教の思想を説明せんとしたことは、極めて自然なる蛛路と言はねばなりませぬ。私の臆測するところでは、中庸大学を初め、易の如きも此の努力の所産でないかと考へ広れます。果して然りとすれば、中精の著者は、既に数世紀以前に於て、宋明の学老の成さんと欲せるところを成しみものであります。そは博にして要寡き儒者の著作の間に在りて、最も深奥なる哲学を、極めて簡潔に叙述して居り士す。其の基づくところの哲学は、老荘のそれと同一なるに拘らず、飽迄も倫理的特色を失はず、脈々たる道義感情菰全篇を一貫せる点に於て、儒教本来の面目を完全に保持して居ります。されば程子が、之を以て「孔門伝授の心法』とし、『之を放てば六合に禰り、之を巻けば密に蔵る』と推讃したのも至当のことであります、
 私は此の珍置すべぎ古典の章何を、順を逐ふて鰐釈するのでありますが、先づ題名の中庸の意昧から老へて行きます。中庸の「中』は、左傾せず右傾もせざる中央であります。中央なるが故に不偏、不偏なるが故に公正又は正義であります。また「庸』は恒常不変でありますから、程子は「天下の定理』と解して居ります。それで中庸の二字を合すれば「正義の原理』を意味します。従つて之を現代語に翻訳すれば、そつくり其盤「道徳哲学』となります。


---- ---- 本文のみ 次→ 最終≫

傍点 ルビ                   縦書き表示